軽く振って飛距離を出す【二重振り子】の手首の動き

手首使えてますか?

ゴルフスイング中に

手首の動きを意識したことはありますか?

 

この手首の動きを間違えて理解してしまうと

●トップ、ダフリ

●肘・手首のケガ

などを

引き起こしてしまう

原因となってしまいます。

 

しかし

手首の動きを正しく理解できていると

〇飛距離アップ

〇力み軽減

に繋がります。

 

そこで今回は

軽く振っても飛距離アップできる

手首の【二重振り子】を使ったスイング方法を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

軽く振って飛距離アップする手首の動き

この動画の中で解説されているのは

スイング中の【二重振り子】のイメージになります。

 

【二重振り子】とは

振り子の先にもう一つの振り子が

連結している状態をあらわします。

 

つまり

一つ目の振り子➡両肩

二つ目の振り子➡手首

になります。

 

ここで重要なのが

二重振り子として手首を使う場合

“手首のほどき”ではなく

“ローテーション”を行う必要があります。

 

この理解の違いが

天と地ほどに結果が大きく変わりますので

注意しましょう。

 

イメージだけではローテーションの動きが

難しいという方は

以前ご紹介した

スイング練習器具が

個人的にはかなりお勧めです(^^)/

▼ローテーションしやすくなる練習器具

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。