ゴルフクラブを振らない【ゴルフスイング】

ゴルフクラブを振ってはいけない

ゴルフの練習場で

多くの球数を練習していると

(そもそも練習場のボールは飛ばない)

知らず知らずの間に

ボールを飛ばすことばかり

に集中してしまい

力みが生じて

気づくと

スイング中の

身体の動きの協調性が

失われてしまいます。

 

このような状況では

身体の動きではなく

クラブを

振ろうとしてしまい

どんどん身体の回転の動きが

失われてしまいます。

 

そこで今回は

クラブではなく

身体の動きを

出す練習をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

クラブを振らないゴルフスイング

この動画の中で

解説されているのは

”クラブを振らず”

身体を回す意識で

スイングする練習になります。

 

ゴルフスイングの際

目から見えているのは

ゴルフクラブと

打った飛球方向だけなので

どうしても

見えていない

身体の動きには

意識が向かなくなります。

 

そこで身体を回せば

ボールが飛ぶという意識を

植え込むだけの

シンプルな練習ではありますが

とても重要な”自己暗示”と言えます。

 

それでも

身体の動きを意識するのが

難しいという方は

以下の記事で解説されている

クロスハンドグリップでの

スイング練習がお勧めです(^^)/

▼クロスハンドグリップでの練習

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。