プロゴルファーがロングパットを外さない理由~目線の違い~

パッティングが不安定

勝負所で

パッティングを

いつも外してしまう。

 

その後リズムが崩れて

普段外さない距離も外してしまう。

 

といったように

思った通りの

パッティングが出来ないと

どんどん負のサイクルに陥って

最終的にはイップスになってしまいます。

 

では

なぜプロは

パッティングを外さないのでしょうか?

 

そこで今回は

プロがパッティングを

外さない理由を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

プロがパッティングを外さない理由

この動画の中で解説されていますが

パッティングを外さなくなる

ポイントはシンプルに2つあります。

 

そのポイントは

①打ち終わるまで目線はカップを見ない

➡ボールの方向を決めたら

打ち出す方向だけ意識して顔を上げないようにする

≫打ち出し方向の決め方

 

②フェースの開閉を最小限に抑える

➡フェースの開閉が大きいと

左右に打ち出し方向が

ブレてしまうので

パターのトゥ側ではなく

ヒール側に意識を集中しましょう

≫パッティング時の無駄な動きを抑制する方法

 

▼リッキー・ファウラーのパッティング

以上の2つを参考に

パッティングを修正して

次のラウンドから

スコアアップするか試すのが楽しみですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。