【二重振り子】で打つために正しい握り方とは?

二重振り子を意識する前に

二重振り子は力むことなく

軽く振って飛距離を

出せたり方向性やミート率が

安定したりゴルフをする上では

理解しておきたい理論になりますが

▼二重振り子とは?

特に手首の動きを

理解するのには難渋します。

 

そういった方の

大前提の問題としてそもそも

正しい握り方ができているのか?

ということは

とても重要になります。

 

力みのある握り方では

二重振り子習得は

ほぼ不可能といえます。

 

そこで今回は

二重振り子を理解するために

重要な正しい握り方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

二重振り子の正しい握り方

この動画の中で

解説されていますが

二重振り子の手首の動きを

理解するのにとても重要なのが

力みなく握るということになります。

 

そのために重要な

握り方の手順としては

出典:https://youtu.be/tC1S9gegB9I

指の付け根を中心に

グリップすることです。

これを行うことで

クラブを下から支えて

軽く握るだけでも

安定したグリップとなります。

 

このグリップができたら

次に左右それぞれの手で

クラブを握って回転させてみましょう。

▼右手でクラブを回転

出典:https://youtu.be/tC1S9gegB9I

▼左手でクラブを回転

出典:https://youtu.be/tC1S9gegB9I

この回転の動きは

二重振り子の

手首の動きとしてとても重要になります。

 

これができない方は

グリップが不安定で

力まざるを得ない状態の

可能性がありますので

それを確かめる

テストにもなると思います。

 

グリップはゴルフスイングの原点

といえますので今一度

見直してみることもいいかもしれませんね(^^)/

▼手首の動きを数値的に解析

▼グリップを再確認

▼握りやすいグリップ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。