ゴルフスイング中の正しい力み!!【使うべき関節は手首】

正しい力み

ゴルフにおいて

力みは

ミスショットに繋がる

悪いイメージがあります。

 

しかし

トッププロも

全身全く力を入れずに

スイングしている

わけではありません。

 

では

どこに力を入れるべき?

どの関節を動かすべき?

今回は

この辺りの解説をしたいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングで使うべき関節は手首

この動画の中で

解説されていますが

ゴルフで力んだ時に

使ってはいけない

関節は肘関節になります。

 

肘が曲がってしまうと

トップなどの

ミスショットが増えやすくなります。

 

また

力んで肘が曲がってしまう方は

手首を全く使なくなってしまいます。

 

ここで重要なのは

その逆の動き

つまり肘ではなく

手首を使うということになります。

 

手首の動かし方に関しては

動画内で解説されていますが

以前解説した

二重振り子の記事を

ご覧いただくと

より理解が深まると思います(^^)/

▼二重振り子のスイング

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。