身体のある部分を意識してスイングするだけで【芯を喰う】ようになる究極のポイント

当たりが薄く安定しない

ゴルフショットの際に

ドライバーもアイアンも

なぜか当たりが薄く

芯に当たっていない感じがする。

 

そういった方は

アマチュアゴルファーに多く見られます。

 

芯にしっかり当たっているのか?

それを確かめる方法は

以前ご紹介しましたが

▼当たりをチェックするショットマーカー

では、なぜボールをクラブの芯に

当てることが出来ないのでしょうか?

 

そこで今回は

①芯に当たらない原因

たった1つのことを意識するだけで

②芯で捉えやすくなる方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①芯に当たらない原因

芯に当たらないという方の

原因の1つとして考えられるのが

スイング中に腰の回転を

意識し過ぎてしまう方になります。

 

では腰の回転を

意識してはダメなのか?

というと

そういうわけではありません。

 

しかし

腰に過剰に意識が向いてしまうと

☑ダウンスイングで右肩が下がる

➡ダフリやすくなる

右肩が下がる人の特徴とは?

☑ダウンスイングでスウェーしやすくなる

➡当たりが薄くなる

≫ スウェーとは?

などのミスショットの

原因となりやすくなります。

 

ではスイングの中で

腰は回転させたいが

このような問題を

引き起こさないようにするには

どうすればよいのでしょうか?

②芯で捉えやすくする方法

先程のように

腰の回転を意識する際に

身体の回転よりも

側方移動が強調されてしまい

ミスショットが

出やすくなってしまう方は

腰ではなく肋骨を回す

イメージを持つと

結果的に腰の回転もできるようになり

☑身体の上下の浮き沈み

☑側方移動(スウェー)

などのミスショットの要因を排除し

レベルスイングが習得でき

ショットが一気に安定するようになります。

▼レベルスイングとは?

このように練習の中で

強調されすぎたイメージを

一度調整し

再チェレンジすることで

また次のラウンドで復活しましょう(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。