アプローチでピタッと止めるスピンをかける2つの条件

アプローチでスピンをかけたい

グリーン周りのアプローチでは

スピンをかけられれば

もう少しピン側に強気に攻められるのに!

そう感じる場面ってありますよね。

 

特に砲台グリーンでは

何度もグリーンからボールが落ちて

スコアを大きく落としかねません。

 

そこで今回は

アプローチでピタッと止めるスピンがかかる

2つの条件を解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチでスピンをかける2つの条件

この動画の中で

石川遼プロが解説していますが

アプローチでスピンをかける条件は

①ライ(地面の状態)

特に芝がフェースに挟み込まれにくい状況

●フェアウェイ

●セミラフ

●順目のラフ

» 順目、逆目とは?

これらがスピンがかかりやすい状況になります。

 

②フェースにボールが乗る

フェース面にボールが乗っている時間が長いほど

スピンがかかりやすくなります。

そのためには

●カット軌道にし過ぎない

●地面からボールを拾い上げるイメージを持つ

といった方法でスピンがかかりやすくなります。

 

基本的には

①②の条件が共に揃った状態で

スピンをかけにいくと良いとのことです。

 

トッププロでも

毎回スピンをかけにいくわけではなく

こういった適正な条件下で狙いにいくようです。

 

そのためには

その前のショットで如何に良いライに

ボールが落とせるかがカギになりますね(^^)/

▼残り100ヤード以内の精度を上げる方法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。