ゴルフコンペに必要な『準備』&『心得』

木村 陽志
木村 陽志

今回、
『ゴルフコンペに初めて参加します。何か準備するものはありますか?』
といったご質問を頂きましたので、早速記事にしてお答えしていきたいと思います(^^)/

ゴルフコンペに必要な『準備』&『心得』

ゴルフコンペで必要になるもの

それは

自分自身の立場が

☑ 参加者である場合

☑ 幹事である場合

によって違ってきます。

なので

それぞれの立場に応じて説明していきたいと思います(^^)/

参加者である場合

ゴルフコンペの参加者である場合

気にしておきたいのは

① 参加するコンペの種類

② ローカルルールや支払い方法

この2つはおさえておきたいところですね。

① 参加するコンペの種類

参加するコンペの種類は

☑ プライベートコンペ(個人が主催するコンペ)

☑ オープンコンペ(ゴルフ場が主催するコンペ)

☑ 競技コンペ(ゴルフ場会員などが実力を競うコンペ)

» 詳細な説明はこちら

の3種類があります。

個人主催のコンペなどはルールやマナーも大目に見てくれる場合がありますが

競技コンペとなるとルールやマナーはかなり厳格になります。

しっかりと予習しておきましょう(^^)/

▼ゴルフのルールを学ぶオススメアプリ

▼ゴルフのルールを学ぶオススメブック

 
スポンサーリンク

② ローカルルールや支払い方法

参加者である場合は

ローカルルールや支払い方法に注意しましょう。

ローカルルールはスムーズな進行のために

ワングリップ内のパットは『OK』とするなどがあります。

状況に応じて幹事などにしっかり確認しておきましょう。

また

支払い方法は幹事が集金して一括で支払する場合が多いので

現金で回収されることを想定して手持ちを用意しておきましょう。

 
スポンサーリンク

幹事である場合

コンペを企画する側である

幹事が知っておきたいポイントは

① 競技形式

② ハンディーキャップ

③ グループ

④ 賞と賞品

となります。

これらをどう決めたらよいかのか?

ここが幹事の一番悩むポイントだと思いますので

一つずつ解説していきますね。

① 競技形式

☑ ストロークプレー(個人戦、通常のコンペ形式)

☑ スクランブル方式

☑ ベストボール方式

☑ マッチプレー

☑ ビンゴゴルフ

基本的には

個人スコアの成績で競うストロークプレーが主流ですが

様々な形式があるので覚えておいてもよいと思います。

»  競技形式の詳細説明はこちら

② ハンディーキャップ

ハンディーキャップは

コンペのスコアをどう計算するか?

で以下の方式で決めることができます。

☑ ぺリア方式

☑ 新ペリア方式

☑ オネストジョン方式

大きくはこの3つの方式になります。

それぞれメリット、デメリットはありますが

初心者やスコアが悪くても

優勝する可能性があるのは新ペリア方式なので

プライベートコンペではよく用いられる方式になります。

» 方式の詳細はこちら

しかし

スコアをゴルフ場スタッフに提出する際に

どの方式で順位を出すかを伝えておけば順位の結果用紙だげもらえます。

幹事が計算する必要はほとんどありません。

③ グループ

グループの決め方はくじ引き幹事の独断等いろいろありますが

くじ引きは参加者の実力(スコア)が同じくらいの場合は

よいと思いますが

実力(スコア)に差がある場合は

幹事の独断で決めた方が

クレームが出にくくなります。

その場合、暗黙のルールのようなものがあります。

例えば

4人一組×4グループ(合計16名)でコンペする場合

一組に一人は必ずルールを理解して実力も平均以上のプレイヤーを

入れておくことが重要です。

いわゆるグループのリーダーですね。

そのリーダーの役割としては

☑ 全員のスコアを正確に記録、提出する

☑ ルールや判定が必要な場合はアドバイスする

☑ 初心者の方のボールを一緒に探す

☑ カートを率先して移動させる

などの進行、満足度を高める重要なポジションになります。

幹事はこの人選が最も力量を問われるところになります。

あとは

会社のコンペの場合は

社長など地位が高いプレイヤーほど実力関係なく

できるだけ最終組に入れましょう。

④ 賞と賞品

まず賞に関してですが

様々ありますが

最低限用意しておきたいのは

☑ 優勝、準優勝、3位(ハンディありのスコア順)

☑ ベスグロ賞(ハンディをつけていないグロスが1位の人)

☑ ニアピン賞(指定したPAR3のホールで最も旗に近かった人)

☑ ドラコン賞(指定したPAR5のホールで最も飛距離が出た人)

☑ ブービー賞(ハンディありのスコアがビリから2番目の人)

これだけ用意すれば

初心者から上級者まで賞がかたよらないのでお勧めです。

賞品に関しては

参加者から集めた参加費(ラウンド費用とは別で回収)の

費用に見合った賞品を提供します。

参加費はコンペによって2,000円~5,000円が相場です。

これらはゴルフ場にあらかじめ頼んでおけば用意してくれますが

やや割高になりますのでより良い賞品にしたい場合は

幹事が用意した方がいいと思います。

賞品やトロフィーなどは参考程度に

▼『コンペ用賞品』

二次会・忘年会・ゴルフコンペ、景品探しは景品本舗!

▼『コンペ用トロフィー』

トロフィーやカップの専門店、国内最大規模の品揃え。スポーツ大会や学園祭はおまかせ!
木村 陽志
木村 陽志

以上を参考にして頂き
皆さんもゴルフコンペを楽しみましょう(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください