ゴルフ/手首の『コック』を意識した練習

木村 陽志
木村 陽志

皆さんは手首の『コック』を意識していますか?

『コック』とは?

掌屈(しょうくつ):左手首を手のひら側に曲げる動き

橈屈(とうくつ):左手首を親指側に曲げる動き

『コック』とは左手首の掌屈(しょうくつ)橈屈(とうくつ)という動きを同時に行った状態をいいます。

木村 陽志
木村 陽志

では手首の『コック』はどのような場面で重要なのでしょうか?

『コック』の重要性は?

▼以下の文献によると

ダウンスイングで手首のコックを早く解いてしまうと、スイング全体の角運動が低下し、ヘッドスピードが低下する

文献:Biomechanics: A qualitative approach for studying human movement

つまり

ダウンスイングで

手が右腰のあたりに到達した時点で

写真②のように

クラブ(赤線)が寝ている状態だとコックが維持できずに

ヘッドスピードが低下し

飛距離ダウンに繋がってしまうということになります。

通常は

写真①のように

手が腰の高さを通過するまでは

①のようにクラブ(赤線)が立っている状態が

手首の『コック』が維持できた状態になるので理想的です。

木村 陽志
木村 陽志

では、ダウンスイングで『コック』を維持するには
どうしたらよいのでしょう?

以下に

『コック』を維持するための練習動画をご紹介しておきますので

参考にしてみてください(^^)/

【動画】手首のコックを維持する練習

いかがでしょうか?

皆さんもダウンスイングでの『コック』を維持し

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。