ゴルフ/手首の『コック』をどうイメージする?

木村 陽志
木村 陽志

先日、このような記事を書きました。

この記事では

・手首の『コック』を維持することの重要性

『コック』を意識するための練習法

の2つの内容をご紹介させて頂きました。

しかし

実際のスイング中

ダウンスイング~インパクトにかけて

どのようなイメージをしたらよいか?

具体的な説明をしていませんでしたので

今回補足で解説していきます。

 
スポンサーリンク

スイング中の『コック』のイメージ

手首の『コック』のイメージとしては

左写真のように

グリップエンド(グリップの端)

ボールへ向けたままダウンスイングを行います。

『これではスイングにならない!!

と思う人もいるかもしれませんが

右写真のように手が右腰に到達した時点で

腰と肩の回転が加わればインパクトまでには

自然に手首は解けます。

しかし

ダウンスイングで『スウェイ』が出てしまう方は

このイメージではフェースローテーション(クラブの切り替えし)が

行われにくくなるのでまずは『スウェイ』を改善する必要があります。

» スウェイとは?

このグリップエンドをボールに向けた

ダウンスイングを行うことで

このような

ダウンスイングに必要な右肘の動きも可能となります。

一石二鳥といったところでしょうか。

是非、練習の際にイメージして頂ければと思います。

木村 陽志
木村 陽志

このイメージで練習してみての感想などコメント頂ければ幸いです(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。