ラフにくわれず綺麗にショットできるクラブ選択

ラフにくわれて1打損失

ゴルフでラフにくわれると

1打損失するだけではなく

ラフからラフへ

さらにライの悪い状況に陥ると

そのホールは絶望的となります。

そこで今回は

ラフにくわれない

クラブ選択方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ラフにくわれないクラブ選択

この動画の中で

芹澤プロが解説していますが

ボールがラフにある時の

2つの状況に応じての

クラブ選択方法をご紹介しています。

 

①ボールが深いラフに埋まっている場合

例えば残り150ヤードの距離で

いつもであれば

6番や7番アイアンを

使用する場面ですが

この状況では

そのようなクラブでは

確実にラフにくわれてしまいます。

 

なので

このような状況では

多少の距離は損失しても

ピッチング(PW)のような

ロフトが立ったクラブだと

チョロなどの

打ち損じを回避することが出来ます。

 

②浅めのラフだが芝が逆目の場合

先程と同じように残り150ヤードだとして

6番もしくは7番アイアンを

選択したいところですが

これもやはり

芝が逆目だとくわれてしまう

可能性が高くなってしまいます。

 

そこでこの状況では

アイアンに近いが

芝の上でも滑りやすい

ユーティリティー(UT)を

少し短めに持ってショットします。

そうすることで芝にもくわれず

しっかりクラブが

抜け(振りきれ)てくれます。

 

以上よくある2つの状況に応じて

最適なクラブ選択を行って

ピンチに強くなっていきましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。