武井壮さんのゴルフスイングを分析してみた!!

百獣の王のスイング

今回

百獣の王  武井壮さんのゴルフスイングを

理学療法士の視点で分析してみました。

我流スイングなのですが

ドライバーの飛距離は

なんと320ヤードを叩き出せる実力の持ち主です。

そこで今回は

①飛距離が出やすいポイント

②ケガしやすいポイント

に絞って武井壮さんのスイング解説をしていきたいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

武井壮さんのスイング分析

動画の中で解説しているのは

①飛距離が出やすいポイント

②ケガしやすいポイント

になります。

ここから

その2つのポイントをそれぞれ解説していきます。

①-A飛距離が出やすいポイント【伸張反射】

まず1つ目はバックスイングの際に

左肘を伸ばしてできるだけ遠く(➡方向)へ腕を上げる動きによって

筋肉が引き伸ばされて伸張反射(しんちょうはんしゃ)が生じて

ダウンスイングがスムーズに行われます。

その結果

ヘッドスピードが上がり飛距離が出やすくなります。

▼伸張反射で飛距離アップ詳細

①-B飛距離が出やすいポイント【手首のコック】

2つ目はダウンスイングの際に

左手首のコックを維持できていることで

飛距離アップしやすくなります。

▼手首のコックで飛距離アップ詳細

逆にダウンスイングで

手首のコックを維持できないと

ダフリやトップなどの

ミスショットの原因となりますのでご注意ください。

▼手首のコックが維持できないとダフリ、トップする

①-C飛距離が出やすいポイント【筋力】

動画の中では説明していませんが

飛距離アップにはやはり筋力も欠かせません。

武井壮さんは身体トレーニングを欠かしていないので

十分な筋力が維持されていることも

飛距離が出やすいポイントとなります。

▼飛距離アップにはどこの筋力が必要?

ちなみに

武井壮さんは筋力トレーニング以外に

ゴルフの練習として素振りのみ行っているそうです。

それだけで320ヤード飛ばせるのはやはりすごいですね。

▼室内で素振りできる練習器具

②ケガしやすいポイント【右膝】【右足首】【アキレス腱】

動画の中でも解説していますが

武井壮さんのスイングは

ダウンスイングで右膝が曲がり過ぎてしまうことと

インパクトで骨盤が前方にシフト(移動)

しすぎてしまうこと(スウェイ)で

右足に体重が残りやすいスイングをしています。

それによって【右膝】と【右足首】【アキレス腱】に大きく負担がかかります。

▼右膝を痛める理由

▼右足首を痛める理由

▼アキレス腱を痛める理由

皆さんも

武井壮さんのようなスイングをしている場合は

上記のようなケガには注意しましょう。

ゴルフでも手術が必要になるほどの

ケガを生じる場合は稀にありますので

是非今回のお話を参考にして頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。