バンカーショットのポイントは【手首】と【砂の量】~苦手意識簡単に克服~

バンカーの苦手意識を克服する

ラウンド中に

1度は経験するであろう

バンカーショットですが

練習する機会は少なく

苦手意識がある中で

●ホームラン

●ボールが出せない

などミスを経験すると

トラウマになって

さらに苦手意識が強まってしまいます。

 

そこで今回はそういった

苦手意識から脱出するための

バンカーショットのポイントをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

バンカーショットは手首と砂の量

この動画の中で

解説されていますが

バンカーショットで

特に重要なのは

手首の動きになります。

 

どういった動きかというと

以前解説したスイング中の

二重振り子の動きで

☑肩の振り子

☑手首の振り子

のうちの

手首の振り子のみを

使うといったイメージです。

▼二重振り子とは?

逆に肩の振り子

強調しすぎていると

●ホームラン

●ボールが出ない

というミスが増えやすくなるので

そういった方は肩の振り子

強調されていないか確認してみましょう。

 

も一つのポイントは

砂の量ですが

ボールを

バンカーから

出すというよりは

砂をバンカーから出す

イメージを持つとわかりやすくなります。

 

これに関しては

以前、堀川未来夢プロの

解説記事が分かりやすかったので

そちらを参考にしてみてください。

▼砂を意識したバンカーショット

しかし

練習環境が少ない

バンカーショットの練習量を

増やすには

どうしたらよいのでしょうか?

バンカーショットを自宅で練習

バンカーショットの

練習量を増やすには

バンカー練習場が併設されている

ゴルフ練習場を

探すのがいいですが

実際には

そういった練習場は少ないですよね。

 

なので

自宅でも砂で汚れることなく

バンカー練習ができる専用マットを

以前ご紹介しましたので

ご自身のゴルフ専用部屋がある方は

そのような

環境を整えてもよいかもしれません。

▼バンカー練習できるマット

しかし

これは先程の

手首の動きを使った

練習には良いのですが

砂の量は

意識できませんので

砂の量を意識するのであれば

やはりバンカー練習場で

練習する必要があるといえますね。

 

今回の記事を参考にして頂き

一人でも多くのプレイヤーが

バンカーショットの

苦手意識から解放されれば幸いです(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。