アプローチの時の身体の動かし方

ミスを最小限にするアプローチ

トッププロでもミスショットをします。

ゴルフは

成功を増やすというよりも

失敗(ミス)を減らすという考え方が重要になります。

特にスコアに大きく影響を与える

アプローチのミスを減らすことはスコアアップのカギとなります。

そこで今回はアプローチのミスを減らす

身体の動かし方を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチの時の身体の動かし方

アプローチの時の身体の動かし方としては

【バックスイング】では

①身体の中心を軸にして右肩を上に上げる動きをします。

これを意識することで身体の回転がしっかり行われて

無駄な動き(スウェイ)がなくなります。

【ダウンスイング】では

②左の腰を後ろに引く動きが初動となり

骨盤が回転してその後に上半身が回転します。

 

両者共通点は体の回転を使ったスイングを行うことです。

身体の回転を使ったスイングを行うことで

ダフリ、トップなどのミスショットが激減します。

しかし

この時に動かしてはいけない関節が存在しますので

☑左手関節

☑右肩関節

はできるだけ固定したままスイングしましょう。

▼アプローチで固定する2つの関節

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。