ゴルフラウンド前の練習って必要?どんな練習が良い?

ゴルフ前の練習

皆さんは

ゴルフのラウンド前に

練習をしているでしょうか?

大半の方は

前日とラウンド直前に

練習するという方が多いでしょう。

 

しかし

Q.そもそも練習は本当に必要なのでしょうか?

Q.少し練習するくらいでそんなに変わるのでしょうか?

Q.ラウンド前よりも普段からコツコツしている方が良いのでは?

と様々な疑問が浮かびます。

結論から申し上げると

ゴルフラウンド前の

練習は必要になります。

 

しかし

やり方を間違えてしまうと

逆にスコアを

落としてしまう可能性があります。

 

そこで今回は

ゴルフラウンド前に

行うべき練習内容えをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフラウンド前に行うべき練習

この動画の中では

①ラウンド前日練習場での練習は?

②ラウンド直前(当日)の練習は?

③ラウンド前に絶対やってはいけない練習は?

④ラウンド前に絶対やるべき練習は?

という部分について解説されています。

これらについて

もう少し詳しく解説していきます(^^)/

①ラウンド前日練習場での練習は?

まず1つ目は

ラウンド前日の

ゴルフ練習場での練習内容になります。

 

ゴルフ上達のためには

ある程度の練習量が必要になりますが

▼ゴルフが上達する練習量は?

それは

普段の練習量の話になります。

 

前日にゴルフ練習場へ行く場合

練習量に比例して

上手くなる気がするので

ついつい

打ちすぎてしまう方が

多いのではないでしょうか?

 

ところが

前日の練習量を増やしすぎると

練習を沢山行ったという

精神的安心感と引き換えに

疲労が蓄積して

逆に翌日のラウンドでは

パフォーマンスを落としてしまう

可能性があるので

練習し過ぎには注意が必要です。

 

なので

ラウンド前日には

1打1打集中して

打つ練習が重要で

●スタンスの幅

●前傾角度

●ボールを置く位置

など基本的な

部分のチェックが

最も重要になります。

球数としては

50球~100球程度に抑えておきましょう。

②ラウンド直前(当日)の練習は?

2つ目は

ラウンド直前(当日)の

ゴルフ場での練習内容になります。

ラウンド直前も

やはり疲れない程度に

行うということが重要になります。

 

そういった意味では

ラウンド直前は

25球以内の球数に抑えて

7番アイアンやアプローチウェッジなどの

当たりをチェックする程度にして

フルショットやマン振りはせず

軽く当たりを確かめるようにしましょう。

この辺りは以前

ZOZO CHAMPIONSHIP 2021

見に行った際に

ラウンド直前のトッププロの練習では

すべての選手が軽くしか

振っていなかった

ことからも言えると思います。

 

彼らよりも筋力や持久力が劣る

アマチュアゴルファーは

特に身体の疲労をいかに

抑えるかということも重要になりますね。

ZOZO CHAMPIONSHIP 2021

③ラウンド前にやってはいけない練習

3つ目は

ラウンド前に

絶対やってはいけない練習になります。

これに関しては

特にバンカー練習を

行う場合は注意しましょう。

 

どういったことに

注意するかというと

バンカー練習のやりすぎ

注意ということになります。

 

バンカーショットの際は

基本的にはダウンスイングで

アウトサイドインの

カット軌道で打つために

練習を行い過ぎると

カット軌道の癖がついてしまい

ラウンドの際に

スライスボールが

出やすくなってしまいます。

 

特に元々スライスボールが

出やすいという方は気をつけましょう。

④ラウンド前に絶対やるべき練習は?

最後に4つ目は

ラウンド前に

絶対にやるべき練習になります。

 

それは

ストレッチになります。

日常生活や時々の練習だけでは

身体はどんどん硬くなていきます。

 

そのためスイングも

手打ちになってしまったり

怪我をしやすくなったりします。

 

ラウンド中に最大限の

パフォーマンスを

発揮するためには

必要不可欠な練習と言えますね。

▼ラウンド前のストレッチ

いかがでしょうか?

皆さんも

ラウンド前の調整を

しっかり行うことで

毎回最大限のパフォーマンスが

発揮できるようにして

さらなる

スコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。