ゴルフの『基本』を学ぶ

木村 陽志
木村 陽志

今回は『予習』にも『復習』にもなる
ゴルフの『基本』をご紹介します。

ゴルフの『基本』を学ぶ

ゴルフの『基本』とは

☑ ラウンドするまでに必要な知識=『予習』

☑ 調子を崩した時の見直し=『復習』

両者に当てはまると思います。

つまり

『基本』はいつまでも重要だということですね。

今回はゴルフの『基本』

① グリップ

② アドレス

③ スタンス

④ スイング軌道

⑤ ルール

以上の5つに分けて解説していきます。

 
スポンサーリンク

① グリップ

1つ目は『グリップ』になります。

『グリップ』は何種類もありますが

基本的なものは

☑ オーバーラッピング

☑ インターロッキング

☑ ベースボールグリップ

の3つになります。

どれを選択するかはそれぞれの用途を知る必要があります。

▼その辺りの詳しい解説はこちら

▼パターのグリップはこちら

② アドレス

2つ目は『アドレス』になります。

『アドレス』はスイングの始まりの構えになりますので

間違ってしまうと

その後のスイングに悪影響になってしまいます。

アドレスの基本姿勢は以下の通りです。

①:まず股関節からお辞儀するように身体を曲げる。

②:脚の後ろの筋肉が張らない程度に少し膝を曲げる。

③:手は力を抜いて垂らし、肩から手のラインが地面と垂直になるようにする。

④:グリップの端とお腹の距離はコブシ1個分あける。

⑤:肘を伸ばして両肩と手を結んだ三角形をつくる

⑥足の幅は肩幅程度に開く

▼詳しい解説はこちら

③ スタンス

3つ目は『スタンス』になります。

『スタンス』の基本は

☑ スタンス幅

☑ スタンスの向き

によってスイングに直接的な影響があります。

▼その辺りの詳しい解説はこちら

さらに身体の状態にあったスタンスを決めるには

▼『4スタンス理論』がお勧めです。

④ スイング軌道

4つ目は『スイング軌道』になります。

『スイング軌道』

☑ 飛球方向

☑ ミート率

☑ 飛距離

に関係するとても重要な要素になります。

しかし

どのようなスイング軌道のイメージを持てばいいのかが分からないという方が

多いと思います。

というのも

誰かのスイングを見たイメージ

自分でスイングするイメージは違います。

そのイメージの差を埋めるのがゴルフの醍醐味(だいごみ)となります。

▼その辺りの詳しい解説はこちら

⑤ ルール

最後に5つ目の『ルール』ですが

ゴルフの『ルール』

完全に覚えていないとラウンドできないということはありません。

同伴者に教えてもらう伝統がありますので

プレイをしながら覚えていくのが良いでしょう。

しかし

『ルールの改正』は定期的にありますので

時折チェックしておくことをお勧めします。

▼『ルール』をアプリで学ぶ

▼『ルール』を本で学ぶ

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
今回ご紹介した『ゴルフの基礎』
以下の『教本』を参考に作成しました(^^)/
初心者は『予習』として
中級者以上は『復習』として理解して頂ければと思います。

▼ゴルフの『教本』

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください