【ゴルフ】100ヤード以内は『素手でスイング』が最適な理由

100ヤード以内は『素手でスイング』が最適な理由

プロゴルフツアーの中継を

見ていると時折

グローブを着けずに

『素手』でプレイしている選手を見かけます。

例えば

横尾要選手や不動裕理選手は

一時的に『素手』でプレイしていましたし

堀川未来夢選手はジュニア時代から

『素手』でプレイしていました。

ルール上は『グローブ』を着けなくとも問題はないのですが

そもそも

なぜグローブを着けるのか?

『素手』のプレイの利点は?

今日はこの辺りを解説したいと思います。

 
スポンサーリンク

なぜグローブを着けるのか?

右打ちのゴルフプレイヤーであれば

『グローブ』は基本的には左手に着けます。

その理由としては

大半の方は右利きであるため

左手の握力不足をグリップで補うために使用されるからです。

▼2020年のお薦めグローブ

▼グローブが破れている場合は要注意!!

『素手』のプレイの利点は?

『素手』でプレイする選手は

多くの場合、グリップよりも

☑手の感覚

☑方向性のコントロール

を重視することが目的のようです。

実際にパターのように

繊細な技術が必要な場合は

グローブを外す選手も多くいます。

しかし

プロのように

練習を重ねてグリップが安定していればよいですが

ドライバー(1W)などの

飛距離が必要とされる場合は

一般のゴルファーは不安が多いと思います。

100ヤード以内は『素手』でスイング

そこでお勧めなのが

100ヤード以内の飛距離ではグローブを外すことです。

なぜかというと

100ヤード以内は

☑グリーンにボールを乗せる

☑フルスイングすることが少ない

などコントロール重視の技術が求められるからです。

そのため

100ヤード以内の飛距離では

フィーリングを高める『素手』でのスイングがお勧めです。

練習場でもよいので

まずは試してみてください。

コントロールが上がるのを実感すると思います(^^)/

 

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。