ゴルフボールの【スピン系】と【ディスタンス系】の違いは?

【スピン系】と【ディスタンス系】の違い

引用元:https://shop.golfdigest.co.jp/newshop/f/contentsid_ballchoice

ゴルフボールにおける

【スピン系】【ディスタンス系】の違いは

【スピン系】:カバー(外側)が柔らかくコア(内側)が硬い構造

【ディスタンス系】:カバー(外側)が硬くコア(内側)が柔らかい構造

このように構造が大きく違います。

また

【スピン系】はスピンが多く操作性が高いといえます。

【ディスタンス系】はスピンが少なく飛距離が出やすいといえます。

今回は

このゴルフボールの硬さによって

パッティングにも影響があるので

その辺りの解説をしたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

ボールの硬さによるパッティングへの影響

この動画の中で解説しているのは

ボールが硬いと

(ここではカバーの硬さのこと)

パッティングの際にボールが転がり過ぎてしまいます。

逆に

ボールが柔らかいと

パッティングでショートしやすくなります。

この場合

自分自身がどのような硬さのボールを使用しているのか?

を理解していないとパッティング精度に悪影響が出る可能性があります。

つまり

パッティングの度に

【スピン系】【ディスタンス系】ボールを考えずに使い分けていると

距離感の修正が困難となります。

なので

今、自分自身が

【スピン系】【ディスタンス系】ボールのどちらを使用しているのかを

しっかり把握してどちらか一方を使用するようにすると

距離感の差は出にくくなります。

まずは今皆さんが使用しているゴルフボールが

どちらなのかを確認してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。