飛距離アップする【世界のトッププロ】のバックスイングの股・膝関節の動き

飛ぶトッププロはバックスイングが違う

デシャンボー選手など

飛ばし屋の世界のトッププロは

バックスイングが特徴的です。

 

特に

バックスイングでの

股関節と膝関節の動きが大きくと違います。

 

そこで今回は

従来の常識を覆す

そのバックスイングでの

股関節・膝関節の動きを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

飛距離アップする股関節・膝関節の動き

この動画の中で

片山晋呉プロが解説していますが

飛距離アップするには

バックスイングの股関節・膝関節の動き

が重要になります。

 

どのように動かすのか?

という部分ですが

バックスイングでの

右股関節は

内旋(回転)という動きが必要になります。

バックスイングで

スウェイしてしまうと

内転(左右)の動きが強まってしまうので

回転の動きを強調することが重要です。

 

右膝関節は

伸展(伸ばす)という動きが重要になります。

 

この2点を意識することで

非力でも

力が発揮しやすくなります。

 

もう少し飛距離を伸ばしたい

という方や

スウェイでお悩みの方は

試す価値ありですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。