バックスイングで意識するとスライスが改善する方法

スライスを卒業する

スライスボールは

飛ばない上にOBになりやすいという

不利益が多いので

できれば直したいショットになります。

 

しかし

現在のスイングを大きく変えすぎると

一旦、当たりにくくなってしまうので

スコアに悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

そこで今回は

バックスイングの際に

たった一つのことを意識するだけで

スライスが改善しやすくなる方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

バックスイングでスライスが改善する方法

この動画の中で

芹澤プロが解説していますが

(動画7:11あたり)

●スライスしやすい

●カットに入りやすい

●こすりやすい

ダウンスイングでアウトサイドインのスイング軌道に

なりやすい方は

▼アウトサイドインの軌道

バックスイングの際に

いつもよりも胸を右側へ

つまり

上半身の捻転を少し強めて

右股関節に体重がのるような意識をしてみましょう。

それを行うことで

ダウンスイングのスイング軌道が

インサイドアウトの軌道になりやすくなるので

ボールがしっかりつかまって

スライスを改善しやすくなります。

▼インサイドアウトの軌道

このように

ダウンスイングでのスイング軌道を変化させる場合

その前のフェイズである

バックスイングを変化させる必要があります。

 

今回のちょっとした変化であれば

大きくパフォーマンスを

崩すこともないと思いますので

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。