アームローテーションの練習法は【タイミングが命】

アームローテーションは難易度MAX

ゴルフスイングの中で

アームローテーションを使っている

トッププロは

●バッハ・ワトソン

●フィル・ミケルソン

などが分かりやすいですが

アームローテーションを行うには

タイミングを合わせるのが難しく

ひっかけやフック、チーピンなどの

ミスに繋がってしまう場合もあります。

 

そこで今回は

アームローテーションを習得するための練習方法を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

アームローテーションの練習方法

この動画の中で解説されていますが

アームローテーションを習得するには

とにかくタイミングが重要で

絶対に力まない

そして身体の動くを極力抑える

というところが大前提になります。

 

その上での練習方法としては

①椅子に座ってショットする

➡身体の動きが固定される

 

②両足を閉じた状態でショットする

➡身体の動きが固定される

 

③フェースを開きクローズスタンスでまっすぐ飛ばす

➡アームローテーションしないと右方向に飛んでしまう

 

といった3段階の練習方法になります。

①➡②➡③が順序としては

学習しやすい段階だと思います。

 

●身体が回らない

●身体が硬い

という方は身体の動きをあまり必要としない

アームローテーションは最適ですね。

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。