クラブをシャローに落とすのに腕の動き不要説

クラブを落とすとインパクトでしっかり振りきれる

ダウンスイングで

クラブシャフトを倒して

下に落とす動き(シャローイング)を行うことで

インパクトで

●クラブがしっかり抜ける(振りきれる)

●インサイドからの軌道でボールを捉えスライスを抑制

といった利点があります。

 

しかし

このシャローにクラブを落とす動きは

感覚としてはとても難しく

なかなか習得が難しい動作の一つとなります。

 

そこで今回は

このダウンスイングで

クラブを落とす動きを

覚えるヒントとなる動画をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ダウンスイングでクラブを落とす感覚

この動画の中で解説していますが

スイングのトップに到達したら

どのようなことを意識すると

クラブが綺麗に倒れて笹生優花プロのような

シャローな動きができるのでしょうか?

 

動画の中で解説されているのは

トップに到達した時点でフワッと力を抜いて

腰を回すだけといった

イメージであると説明されています。

 

動きだけ見ると分かりにくいですが

▼シャローイングの達人のスイング

力を抜くタイミングと

腰から動かすというイメージを合わせると

シャローな動きが勝手に行えるとのことです。

▼ダウンスイングで腰から動かすイメージ練習

しかし

ここで注意する必要があるのが

ダウンスイングで腰より先に腕などの

上半身の動きが先行してしまう場合です。

 

この場合は

ダウンスイングでスライスが生じやすい

カット軌道になりやすく

クラブを落としているつもりでも

結果的には落とせていない状態となります。

▼上半身が先行するスイングの一例

なのでダウンスイングでは

あくまでフワッと力を抜いて

自然にクラブを落とすイメージを持った上で

腰からの回転をイメージして

インパクトを向かえてみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。