変則的だが理にかなった究極のパッティング方法

通常のパッティングの方が難しい

通常のパッティングは

ボールを上から見下ろして

両手を使ってパッティングします。

 

しかし

実はその方法には

不利な条件が2つあります。

 

1つ目は上からボールを見ると

カップを見ながら

パッティングを行えないので

ズレが生じやすいこと。

 

2つ目は本来

人は片手で道具を使用した方が

脳が処理しやすいが

パッティングは両手で行うため

脳の指示が分散して

均等な動きが維持しにくくなること。

 

といったように脳にとっては

通常のパッティングの方が

難しい方法を行っていることになります。

 

そこで今回は

これら2つの不利な条件をクリアする

変則的なパッティング方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

変則的だが理にかなったパッティング方法

この動画の中で

片山晋呉プロと横田真一プロが

解説していますが

先程の不利な条件を緩和する方法として

①ボールは上からではなく後ろから見る

➡ボールを後ろから見ることで

カップとボールを同時に見ながらパッティングできる

 

②パター片手で操作する

➡長尺パターのような持ち方

つまり左手は支点を握り右手のみで操作する

 

このような方法で

先程の脳にとって不利な2つの条件は緩和されます。

 

しかし

これをいきなりラウンド中に

行うというのはハードルが高いので

以前僕自身も

利き目の不利を補う

少し変則的なパッティング方法を

実践していましたので

こちらも参考にして頂ければと思います(^^)/

▼利き目の不利を補うパッティング

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。