平均スコア70台のトップアマの練習量はどのくらい?

トップアマは伊達(だて)じゃない

アマチュアゴルファーと

プロゴルファーの差は

スコア、飛距離、安定感など

どれをとっても歴然の差がありますが

プロゴルファーの実力に近い存在である

トップアマは競技ゴルフでも結果を出したり

プロ、アマ合同の試合では

プロを下したり

またその技量も高く

10ヤード単位で

正確に距離を刻めるなど

アマチュアゴルファーの枠に

いるのが

不思議なくらいの実力があります。

そこで今回は

その実力があるトップアマは

どのくらいの練習量を

重ねているのでしょうか?

その辺りの謎を解明したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

トップアマの練習量はどのくらい?

この動画の中で解説されていますが

トップアマの練習量は人による

というのがまず大前提にはあります。

その上で練習量は

とにかく多い

というのが共通点のようです。

 

例えば

比較的若年層のトップアマは

1回の練習で

300~400球打つ場合があれば

シニア層のトップアマは

球数は100前後でも

毎日練習を行っていたり

球数、練習頻度など

その人それぞれの

練習スタイルがあるようです。

また

ボールを打つだけではなく

素振りによって

スイングを確認する

という部分にも

しっかり時間を掛けています。

▼スイングスピードを意識した素振り

▼スイング軌道を意識した素振り

▼ダフリ、トップのミスショットを確認する素振り

とはいえ

やはり練習量が確保できる

労働(仕事)などに縛られすぎていない人が

その境地に達することが出来ると言えます。

▼ゴルフが上達するための練習量は?

時間が確保できないという方は

自宅での

素振り練習から充実させていきましょう。

今回は練習量に着目して

解説しましたが

もちろん練習の質も重要になります。

なので

スコア70台の人が

どのような練習を行っているのか?

の練習内容をご紹介した記事を

以前書きましたので

そちらも参考にして頂ければ

さらなるレベルアップに繋がると思います。

▼スコア70台の人の練習法

今回の記事を参考に

皆さんもスコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。