ゴルフの『ティー』はどんなものを使う?

1打目で使うのはどんなティー?

ティーとは

1打目のショットでボールを地面よりも

高い位置に乗せるための道具になります。

このティーには様々な種類があり

特徴も様々です。

では

ラウンド中にはどんなティーを使えばいいのか?

今回はいくつかお薦めのティーをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

いろんなティー

ティにはいろんな種類がありますが

まずは大きく分けると

☑ロングティー

☑ショートティー

に分けられます。

ロングティーはドライバー(1W)でショットする際に使用します。

ショートティーはミドルやショートホールで

2~5番ウッドや5~8番アイアンでショットする際に使用します。

また素材や機能的な部分にも違いがありますので

それらをご紹介します。

木製のティー

木製のティーは

価格が圧倒的に安いので

折れたり、なくしたりしても

消耗品としてすぐに交換して使います。

しかも

有機物なのでゴルフ場で落とした場合でも

いつかは土にかえるので

自然にも優しいですね。

トッププロも

この木製のティーを使うことが多いです。

しかし

ボールを置く受け皿が小さいので

慣れていないとボールを置きにくくなります。

プラスティックのティー

created by Rinker
ダイヤゴルフ(DAIYA GOLF)
¥409 (2020/11/26 14:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

プラスティックのティーは

木製よりも折れにくく

強度は万全と言えます。

またボールを乗せる受け皿が大きいため

ボールを乗せやすくなっています。

しかし

木製よりもやや高価なのと

落とした場合は土にかえることはないので

ゴミのまま残ってしまいます。

マグネットティー

created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥500 (2020/11/26 14:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

マグネットティーは

プラスティックのティーよりもさらに高価になりますが

①地面にさす部分と②ボールを乗せる部分の中間に

マグネットをつけることで

ショットの際に先端部だけ飛ぶような形状になっています。

しかも

①と②が紐で固定されているので

落とさない限りはほとんどなくすことがありません。

木村 陽志
木村 陽志

私はよくなくしてしまうので

一番安価な木製ティーを使用しています。

以前マグネットティーを使っていましたが

破損しない、なくならないといった利点があり

最も長期間使えるので優秀なティーですね。

しかし

高さの微調整がしにくいといったデメリットもあるので

皆さんの用途に応じていろいろと使ってみるとよいですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。