ゴルフ/『アルバトロス』は『ホールインワン』より難しい!?

『アルバトロス』は『ホールインワン』より難しい!?

『アルバトロス』とは

主にパー5のコースで

3打少なくそのコースを終えることをあらわします。

『アルバトロス』という言葉は

アホウドリの英名でアホウドリが翼と風を巧みに利用することで長距離を容易に飛ぶ鳥のひとつであることに由来しているようです。

引用元:Wikipedia

一方、

『ホールインワン』

1打でそのコースを終えることをあらわします。

主にパー3のコースでその条件が成立しやすくなります。

▼ホールインワンした場合の対応

ここで『アルバトロス』『ホールインワン』の成立条件を

もう一度整理すると、

『アルバトロス』はパー5の2打目

つまり

残り200ヤード以上の飛距離で成立することになり

『ホールインワン』はパー3の1打目

つまり

残り200ヤード以内の飛距離で成立することになります。

こうなると

【飛距離】【方向性】【運的要素】

この3つの条件がより完璧に求められるのは

『アルバトロス』といえます。

正直、プロのツアーを観ていても

『ホールインワン』の成立はよく目にしますが

『アルバトロス』の成立は目にすることがありません。

ちなみに

私も過去のラウンドで

同伴者が『ホールインワン』を達成しましたが

▼ホールインワン

『アルバトロス』の経験はありません。

ご自身であれ同伴者であれ

プロのツアーであれ

この貴重な

『アルバトロス』の瞬間に立ち会うことができたら

人生に一度とない特別な瞬間であることを

理解して頂けたかと思います(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。