スライスと右プッシュを直すアドレスの立ち位置

スライスと右プッシュに苦しんでいる

ゴルフのティーショットの際に

スライスや右プッシュに

悩む方は多くいらっしゃいます。

 

スライスと右プッシュを

直す方法は様々ありますが

▼スイングでスライス改善する方法

しかし

ラウンド直前に

スイングを変えてしまうと

逆に調子を崩してしまう可能性があります。

 

そこで今回は

スイングを変えずに

スライスとプッシュを

直す方法をご紹介します。

 
スポンサーリンク

スライスとプッシュを直すアドレスの立ち位置

この動画の中で

古閑美保プロが解説していますが

スライスとプッシュを予防するには

ドライバーショットの際に

基本的には

ティーグラウンドの

右端に立つことが重要となります。

 

それを行うことで

コース右側を

視覚的に排除できるので

心理的に安心してショットできます。

 

しかし人によっては

ティーグラウンドの左端に立って

ショットした方が

コース右側が広くなるので

ショットもしスライスや右プッシュが

出たとしても安心して

スイングできるという場合もあります。

 

どちらにせよ安心して

しっかりスイングすることが

逆にスライスや右プッシュを

減らす可能性が高まります。

 

なぜならば

逆にボールに

合わせにいってしまう方が

下半身の動きが抑制されてしまい

結果的にはスライスしやすい

上半身中心の

スイングになってしまうからです。

▼上半身の動きが先行するとスライスしやすくなる

スライスやプッシュしやすい方は

ティーグラウンドの立ち位置を意識して

OBを減らしスコアアップを目指しましょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。