ゴルフで【アキレス腱】が切れる理由

ゴルフの怪我はあなどれない

ゴルフは健康によいスポーツですが

» ゴルフと健康

もちろん、ケガのリスクもあります。

» ゴルフの怪我ランキング

» ゴルフで怪我しやすい場面

骨折や靭帯、腱の断裂など引き起こし

最悪、手術が必要な場合もあります。

▼これらの怪我を乗り越えたタイガーウッズ

そこで

今回はゴルフで稀にある

アキレス腱断裂を引き起こす理由について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフでアキレス腱が切れる理由

ゴルフでアキレス腱を断裂してしまう原因は

主にスイングの中にあります。

アキレス腱は

下腿三頭筋(腓腹筋+ヒラメ筋)を

骨につなぎとめる腱の部分のことを言います。

腱という組織は硬いので様々なストレスが集中しやすく

負担がかかりやすい組織と言えます。

アキレス腱は身体全体の体重を支える頑丈な組織ですが

激しい運動などを繰り返していると損傷(断裂)します。

では

ゴルフでどのようにアキレス腱を損傷するのでしょうか?

以下にアキレス腱が断裂しやすいスイングの特徴を示します。

アキレス腱に負担がかかるのは

主にインパクト~フォロースルーになります。

ここでは通常頭の位置がちょうど右膝付近に来ると理想的ですが

右の写真のように右膝よりはるか後ろに頭の位置が来ていると

体重が右足にかかるのでアキレス腱に大きく負担がかかります。

さらに

このインパクト付近では

右足を前に蹴りだす動きが起きるので

ふくらはぎにある下腿三頭筋が過剰に収縮しやすい状態になります。

つまり

①下腿三頭筋の過剰な収縮+②右足に体重がかかる

これを何度も何度も繰り返してオーバーワークになると

アキレス腱が断裂します。

スイング中にアキレス腱が断裂した場合

『ブチンっ!!』という鈍い嫌な音が聞こえると思います。

またトンプソンテスト、マトレステストという方法で

実際に断裂したか確かめることもできます。

▼トンプソンテスト、マトレステスト解説

このテストが陽性の場合は

すぐに病院を受診しましょう。

腱という組織は基本的には再生しませんので

アキレス腱が断裂した場合は

手術が必要になります。

その後リハビリの期間は約8週間ほどになります。

では

ゴルフでアキレス腱断裂を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

それは

①右足に体重がかかり過ぎてしまうスウェイことを防ぐこと

②ゴルフの前後にストレッチをして柔軟性を高めておく

この2つが重要になります。

①スウェイを改善させる方法

スウェイとは

スイング中の骨盤の過剰なシフト(移動)のことをあらわします。

このスウェイにより

右足に体重が残りやすくなるので

アキレス腱断裂を予防するには是非改善させておきたいですね。

スウェイを改善させるには

主に

☑左股関節の柔軟性を向上させること

☑腰の回転を意識したスイング

が重要となります。

▼スウェイ改善の柔軟性トレーニング

▼腰の回転を意識したトレーニング

②アキレス腱のストレッチ

このストレッチは

僕が考案した方法でアキレス腱以外にも

様々な筋肉のストレッチができるので

めんどくさがり屋の方にもお勧めです。

このストレッチをゴルフの前後に行うことをお勧めしますが

最低でもゴルフ前にはおこなえるとよいです。

これらを

実践してアキレス腱断裂を予防しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。