ゴルフで膝の靭帯を損傷した時の【5種類の靭帯損傷テスト】

ゴルフをしていたら膝を痛めた

ゴルフは

老若男女誰でも

楽しめるスポーツですが

練習やラウンドを重ねるうちに

膝を痛めてしまうことがあります。

▼ゴルフによる膝痛

このように

膝を痛めてしまった際に

痛みを感じる

組織の一つとして膝の靭帯があります。

では

Q.ゴルフではどのような

靭帯損傷を引き起こしやすいのか?

そして

Q.膝の靭帯を痛めた場合

どうやって確かめればよいのか?

今回は

この2つの疑問について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフで痛めやすい膝の5つの靭帯

ゴルフスイングで

膝にかかる負荷としては

捻りによる剪断力(せんだんりょく)

側方への引き伸ばし(伸張)になります。

 

捻りによる影響を

抑制し負荷がかかるのは主に

①前十字靭帯

②後十字靭帯

になります。

 

側方への引き伸ばし

抑制し負荷がかかるのは主に

③外側側副靭帯

④内側側副靭帯

⑤腸脛靭帯

になります。

 

ここからは

それぞれの靭帯損傷テストをご紹介します。

①前十字靭帯損傷(前方引き出しテスト)

出典:anma-massage.jp

前十字靭帯は

膝の関節内にある靭帯で

膝の下の骨である脛骨(けいこつ)を

前方へ引き出した時に

痛みを生じるか

明らかに緩くなっている

(靭帯の伸張が感じられない)場合は

前十字靭帯を損傷している可能性があります。

▼前方引き出しテスト

②後十字靭帯損傷(後方引き出しテスト)

出典:anma-massage.jp

後十字靭帯は

膝の関節内にある靭帯で

膝の下の骨である脛骨(けいこつ)を

後方へ引き出した時に

痛みを生じるか

明らかに緩くなっている

(靭帯の伸張が感じられない)場合は

後十字靭帯を損傷している可能性があります。

▼後方引き出しテスト

③外側側副靭帯損傷(内反ストレステスト)

出典:anma-massage.jp

外側側副靭帯は

膝の関節外で膝の外側にある靭帯で

膝を伸ばした状態で

『くの字』をつくるように

関節部を外に押し出す(内反)

させた際に

膝の外側に痛みが生じる

もしくは

明らかに緩くなっている

(靭帯の伸張が感じられない)場合は

外側側副靭帯を損傷している可能性があります。

▼内反ストレステスト

④内側側副靭帯損傷(外反ストレステスト)

出典:anma-massage.jp

内側側副靭帯は

膝の関節外で膝の内側にある靭帯で

膝を伸ばした状態で

『くの字』をつくるように

関節部を内に押し出す(外反)

させた際に

膝の内側に痛みが生じる

もしくは

明らかに緩くなっている

(靭帯の伸張が感じられない)場合は

外側側副靭帯を損傷している可能性があります。

▼外反ストレステスト

⑤腸脛靭帯炎(グラスピングテスト)

出典:anma-massage.jp

腸脛内側にある靭帯で

膝の関節外で膝の外側にある靭帯で

膝の外側(イラスト参照)部を

押さえた(圧を加えた)状態で

膝を曲げたところから

伸ばした際に

押さえている部分に痛みを生じた場合に

腸脛靭帯炎(損傷)している可能性があります。

▼グラスピングテスト

最後に

いかがでしょうか?

このように膝の靭帯損傷を

引き起こしている場合は

その程度が重度だと

最悪手術が必要になったり

なかなか痛みが取れない場合があります。

 

今回ご紹介したテストに

引っかかりそうな場合は

一度、病院

(整形外科、整形クリニック等)

受診することをお勧めします。

また

症状がそこまでひどくないため

病院に行くべきか迷うという方は

以下の記事を参考にして頂ければと思います。

▼ゴルフの怪我で病院へ行くべきか?

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。