ゴルフスイングを安定させる3つの体幹トレーニング

ゴルフで重要な体幹

体幹とはその名の通り

体の幹の部分

つまり体の胴体部分のことをあらわします。

ゴルフスイングをする上では

背骨を中心に体を回転するわけなので

体幹が安定していないと

スイング中の回転軸がズレてしまうことになります。

こうなるとミスショットなどの原因になってしまいます。

また

体幹トレーニングを行うことで

飛距離やスコアアップすると言われています。

» 飛距離・スコアアップするトレーニング

そこで今回は

ゴルフにとって重要な

体幹を安定させる3つのトレーニングをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングを安定させる3つの体幹トレーニング

ゴルフスイングを安定させる3つの体幹トレーニングは

① バランスボールによる体幹トレーニング

② ゴムチューブによる体幹トレーニング

③ メディシンボールによる体幹トレーニング

になります。

ここからこの3つのトレーニングを解説していきます。

① バランスボールによる体幹トレーニング

まず1つ目は

バランスボールによる体幹トレーニングになります。

このトレーニングによって

肩甲骨周囲や骨盤周囲の筋が鍛えられます。

スイング中に肩と骨盤は

しっかり回転させる必要があるので

安定させつつしっかり動かす必要があります。

その両方を習得できるトレーニングになります。

▼バランスボールによる体幹トレーニング詳細

② ゴムチューブによる体幹トレーニング

次に2つ目は

ゴムチューブによる体幹トレーニングになります。

ゴムチューブと言っても

ゴルフスイングのトレーニングに特化した

グラビティフィットという練習器具を使用します。

ちなみに

これは渋野日向子選手も使用して

トレーニングメニューに導入しています。

この練習器具を使用することで

肩甲骨周りだけではなく

腹筋や体幹を回す筋(腹斜筋)なども鍛えることができます。

そのままボールを打つこともできるので優れものです。

▼ゴムチューブによる体幹トレーニング詳細

③ メディシンボールによる体幹トレーング

最後に3つ目は

メディシンボールによる体幹トレーニングになります。

メディシンボールは3kgと5kgの重さのボールがあり

動画のように

重いボールを持ってゴルフスイングの形で

ボールを投げ合うこと重いボールに振り負けないように

体幹が安定してきます。

①②のトレーニングをクリアした後に

体幹が安定してきたか確かめるという意味も含まれています。

しかし

重いボールは突き指や関節を痛めてしまう可能性もあるので

十分に注意しましょう。

▼メディシンボールによる体幹トレーニング詳細

以上、3つの体幹トレーニングをご紹介しましたが

ご自身が行いやすいものや環境に合わせて

はじめてみましょう♫

練習をしっかり継続したい方は

ゴルフノートを使用すると便利です。

▼ゴルフノート

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。