アプローチで確実にピンに寄せる3原則

残り30~50ヤードの罠

ラウンド中多いのが

残り30~50ヤードのシチュエーションです。

 

しかし

意外と難しいのが

この距離のアプローチになります。

 

トップによるオーバーや

ダフリによる1打損失など

ほんの少しのミスが大きな損失となりかねません。

 

そこで今回は

この距離のアプローチを

確実に寄せるための3原則を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチ確実に寄せる3原則

この動画の中で解説されていますが

アプローチを確実に寄せる3原則は

①ボールの位置は真ん中よりやや右側に置く

②スイングの際にグリップとおへそが一緒に動く

③スイング中にボールよりも頭が右側に動かない

になります。

 

さらに

この3つに加えて

アプローチはリズムが重要であるとのことです。

 

確かにアプローチは

●打ち急いだり

●狙いすぎる

などリズムが崩れやすいと言えます。

 

ではどのようなリズムで

アプローチを行ったらよいのでしょう?

 

アプローチの際のリズムに関しては

過去の記事で解説しましたので

こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

▼▼▼

皆さんも

アプローチの技術を高めて

さらなるスコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。