ゴルフで【熱中症】になった時に冷やすべき3つの部位

熱中症とは

熱中症とは

体温が上がり

体内の水分や塩分のバランスが崩れたり

体温の調節機能が働かくなったりして

体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などの

さまざまな症状を起こす病気のことを言います。

 

症状は

重症度によって

以下の3段階に分類されます。

【Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症】

  • 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)
  • 筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
  • 大量の発汗

【Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症】

  • 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

【Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症】

  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
  • 高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

※引用元:公益社団法人全日本病院協会HP

 

ゴルフは数時間

直射日光を浴びるスポーツですので

上記のような

熱中症を引き起こしやすいスポーツの1つです。

 

そこで今回は

このような熱中症症状が

出現した場合に早急に冷やすべき

身体の3つの部位について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

熱中症の際に冷やすべき3つの部位

熱中症症状が出現した際に

冷やすべき3つの部位は

☑首の前面

☑脇の下

☑太ももの付け根(股関節前面)

になります。

これらの部位には

大きい静脈が表面にある部位なので

全身にまわる血液を冷やすことになります。

 

このような部位には

保冷剤や氷嚢(ひょうのう)

などで冷やすことがお勧めです。

夏場はゴルフ場で

氷をもらえるので

自分用の氷嚢を持参するとよいですね。

▼ゴルフ用氷嚢

ゴルフで熱中症になった場合

速やかに

この3つの部位を冷やして

体調の悪化を防ぎましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。