3番(フェアウェイ)ウッドでミスが減る簡単なポイント

セカンドショットがチョロ

ロングホールで

セカンドショットで距離をだそうと思うと

セカンドOBになってしまう

というご経験は誰しもあると思います。

 

特に

3番(フェアウェイ)ウッドの場合は

飛距離が出やすいので

そのリスクが高くなります。

 

そこで今回は

3番(フェアウェイ)ウッドで

ミスが減るポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

3番(フェアウェイ)ウッドでミスが減るコツ

この動画の中で

藤田寛之プロが解説しているのは

簡単な2つのポイントになります。

 

1つ目は

“アドレスでのハンドダウンを強調する”

2つ目は

“少し上から叩くイメージを持つ”

 

この2つは

ご自身がどのような

ダウンスイングをしているのか

という部分で微調整が必要なので

その辺りは

動画の解説をご覧ください。

 

特に

ダウンスイングがインサイドから

下りてくる方には

ピッタリのイメージになりますので

練習場で是非実験してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。