ドライバーでドローが打てない3つの原因

ドローボールで安定して飛距離を出したい

ゴルフのドライバーショットで

飛距離を出したいのに

いつも

スライス回転がかかり

途中で失速してしまう。

 

そういった方は

多くいらっしゃいます。

 

ドローボールは

ボールが地面に落下してからも

転がりやすいので

飛距離が出やすいため

ドライバーショットでは

打てるように

しておきたい

球筋の一つになります。

 

しかし

なかなか

それが難しいという方のために

今回は

ドローボールが打てない

3つの原因について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドローボールが打てない3つの原因

この動画の中で

解説されていますが

ドローボールが打てない原因は

①つま先を真っすぐしている

➡つま先は15度前後開くと身体が回りやすくなる

※注意点としては

右足を開きすぎると

右膝を痛めてしまう

可能性があるので

開きすぎに気をつけましょう。

▼右足を開きすぎるを右膝を痛める

②両肩をまっすぐに構えている

➡アドレスでは右肩の高さが少し下がるのが通常

③フェース面をまっすぐ構えている

➡ボールに対してフェース面を

真っすぐもしくは

閉じて構えるとスライスが出やすくなる。

▼フェース面を開く方が良い理由

以上の3つになります。

 

皆さんは①②③のどれが

当てはまっているでしょうか?

 

ご自分の原因を

明確にして

次のラウンドから

1打だけでも

美しいドローボールを

打てるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。