ゴルフ/バックスイングでの肩の動き

バックスイングでの肩の動き

ゴルフのバックスイングの際に

バックスイングの方向を気にしたことはありますか?

 

『テイクバック』はスイングの初動動作です。

そのため

『テイクバック』がその後のスイングに与える影響は大きくなります。

今回は

バックスイングの中でも

初動の動き

『テイクバック』の際に重要な肩の動きを解説していきます。

スポンサーリンク

テイクバックは2時方向

皆さんの『テイクバック』の方向は何時ですか?

おそらく

3時か4時くらいと答える方が多いと思います。

実はそのイメージでテイクバックを行うと

ほとんどの方がインサイドからの軌道になってしまい

通常のスイング軌道から外れてしまいます。

 

アマチュアゴルファーの多くは

このようにインサイドからのテイクバックによって

初動からスイング軌道を外れている場合があります。

 

では

どのようにすれば通常のスイング軌道を通過する

テイクバックとなるのでしょうか?

 

それは

テイクバックを2時方向から行うことです。

その際に必要なのが肩の動きです。

このように

テイクバックで肩関節の屈曲(肩を上げる動き)を行うことで

バックスイング時に手が 黄線(スイングプレーン)に近づきます。

これがアウトサイドからのテイクバック

つまり

通常のスイング軌道になります。

インサイドからのバックスイングでは

赤線(シャフトプレーン)を手が通過し

トップでクロスオーバーとなってしまうため

インパクトの際にフェース面が開きやすくなります。

▼クロスオーバーとは?

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
テイクバックのイメージは2時方向!!
初めは違和感がありますが
慣れてくると方向性が安定して
ボールがつかまりやすくなることを実感すると思います。
是非お試しください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です